RIロゴ

2022-23年度会長挨拶

2022―2023年度 クラブ運営方針  会長 井上 信ニ

 この度、1934年にわが国において11番目に設立された、歴史と伝統のある岡山ロータリークラブの第90代会長を拝命いたしました。当初、当時の会長であられた原元会長からご連絡をいただきました際は、全く思ってもいなかった事で、非常に驚き、躊躇しましたが、せっかくのご指名で、大変名誉な事ですので、自分の非力も顧みず、身の引き締まる思いをもって、会長をお引き受けさせていただきました。これからの1年間、コロナ禍が収まりかけているのかどうか現時点でははっきりしない状況下にあり、クラブ運営においても不確実なことも多いかとは存じますが、精一杯クラブの運営に努めてまいりますので、なにとぞよろしくお願い申し上げます。
 また、本年度は、岡崎邦泰会員がRI第2690地区第9グループのガバナー補佐をお引き受けになられ、インターシティミーティングも当クラブが中心となり、美作ロータリークラブとともにホストとして開催することになっておりますので、例年以上に岡山ロータリーとして取り組んでいかなければならない地区等の事業も多い年度になるかと存じますが、私も岡崎邦泰ガバナー補佐をお支えしてまいる所存でおりますので、皆様方のご協力を、何卒お願い申し上げます。
 さて、本年度の国際ロータリー会長のジェニファー E、ジョーンズ氏は、カナダ、オンタリオ州のご出身で、国際ロータリーで女性初の会長です。そして今年度のロータリーテーマは、「イマジン ロータリー」とされていますが、このイマジンにはジョン・レノンのイマジンの歌詞の意味を重ねて、テーマをお決めになったとおうかがいしています。
また、本年度のRI第2690地区ガバナーは、津山ロータリークラブ所属の友末誠夫(ともすえ しげお)ガバナーで、地区スローガンとして、“ロータリーの素晴らしさを体感しよう!” を掲げていらっしゃいます。
そして、当年度の地区目標のうち最重点目標として、「施策を工夫して会員増強する」を掲げられ、その他、「地域社会に密着して特色ある奉仕活動を実施する」、等最重点目標を含め9つの目標をお示しいただいております。
上記のロータリーテーマ、地区スローガンや地区目標を少しでも達成できるように努めてまいりますが、ロータリーの基本は 「親睦と奉仕」 だと存じますので、まずはいろいろな職業の会員同士が親睦を深め、職業奉仕を中心に協力しあいながら奉仕を実践することが最も重要なロータリーの目的だと考えます。
よって、上記ロータリーテーマ等を参考にし、僭越ではありますが、本年度の運営方針は以下のように決めさせていただきます
活動・運営方針
1. 女性会員の入会促進を図りながら、会員増強に努める。
2. 会員相互の親睦を深められるよう、できるだけ多くの機会を提供する。
3. 職業奉仕を中心として、会員が助け合って地域社会への奉仕の実践をしていく。


お問い合わせ先

〒700-0827 岡山市北区平和町1−10高塚ビル2F
086-233-7300
ページトップへ